安心安全の国産大豆/海外大豆をお届けする卸問屋・商社


リヨーコクシヨウジ株式会社ロゴ

Tel:0120-236-455受付:8:00~17:00 休業日:土日祝
お気軽にお問い合わせください。

契約栽培

弊社が実施している契約栽培地です。
各契約栽培地の栽培レポートをご紹介します。
■JAさが みどり地区(鹿島・塩田・嬉野地区)
■福岡県 JAみい地区
■JA広島 尾道市世羅地区

JAさが みどり地区(鹿島・塩田・嬉野地区)

播種~発芽
播種作業 トラクターで播種作業を実施している様子です。
播種期 播種期に入った大豆の種子です。キヒゲン処理(赤色)で種子消毒を行い、病害虫の予防を行っています。
発芽 発芽して初生葉が展開した圃場です。
発芽後の圃場
中耕・培土作業中 中耕・培土作業の作業中です。
契約栽培圃場看板 契約栽培圃場に立ててある看板です。
(画像クリックで拡大)
フェロモントラップ フェロモントラップによるハスモンヨトウの発生予察圃場です。
害虫の誘殺頭数に応じて、防除の是非と時期を決めています。
(画像クリックで拡大)
無人ヘリで農薬散布 無人ヘリで農薬を散布し、ハスモンヨトウ、カメムシ、紫斑病を防除しています。
収穫
収穫前大豆 収穫前の大豆です。
全農安心システム
認証検査
検査中 検査説明中1 検査説明中2

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP


福岡県 JAみい地区

播種~発芽
播種前種子消毒 種子により伝染する病気と鳥害を防ぐために、播種前に種子消毒を行います。
播種中 大豆栽培では、播種がうまくいくかどうかが、その後の出来を左右します。
播種時期や播種量は気象条件や土壌条件を良く考えて、その土地に最も適した方法で行います。
4葉期の様子 4葉期の様子です。
発芽後の圃場
中耕・培土作業 中耕・培土作業は雑草の防除や不定根発生の促進、排水対策や干ばつ対策などの効果があり、重要な管理技術です。
病害虫防除 病害虫の加害は、大豆の収量や品質を大きく低下させます。
これはフタスジヒメハ、ハスモンヨトウの病害虫防除の様子です。
収穫
収穫前の大豆 収穫前の大豆です。
金属検出器
金属検出器 異物除去を完全にするため、JAみいの大豆撰別場には金属検出器が導入されています。
農協での導入事例は珍しく、メーカー様に満足していただける大豆作りを目指しています。
全農安心システム
認証検査
毎年、農薬の種類や散布時期と回数などの栽培工程の基準を設定し、記録します。
その栽培履歴の記録内容を、客観的(第三者機関)に精査することで、お客様の安心につながる商品の提供を目指しています。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP


JA広島 尾道市世羅地区

播種~発芽
作付け圃場の様子 作付け圃場に額縁明渠(がくぶちめいきょ)を整備しています。
播種時期が梅雨時期と重なる広島県では、排水対策が大豆生産の重要なカギとなります。
播種作業 大豆の播種はトラクターで行います。
大豆発芽 大豆が発芽しました。
発芽後の圃場
>大豆開花期の大豆圃場 開花期の大豆圃場です。
(画像クリックで拡大)
大豆の花 紫の小さな花が咲いています。
圃場審査 圃場審査の様子です。
異品種の混入や病害がチェックされます。炎天下での圃場審査は大変ですが、良い大豆を作るためには欠かせない作業です。
害虫防除 花が落ちて若莢が2cm程度になっています。
ここからがカメムシ被害を受けやすい時期になります。品質の高い大豆ができるよう、適切な防除を行います。
収穫
収穫前の大豆 収穫前の大豆です。

<< 前のページに戻る

製品紹介

国産大豆

国産大豆

全国各地の大豆をご紹介

海外大豆

海外大豆

カナダ、米国など、海外の大豆をご紹介

脱皮大豆

脱皮大豆

商品の付加価値UPに

にがり・凝固剤

にがり・凝固剤

豆腐に最適なにがり・凝固剤をご紹介

グリーンキングプレミアム

グリーンキング Premium

『抹茶』の色調を活かした製品づくりに

あじわい大豆パウダー

あじわい大豆パウダー
(大豆粉)

低糖質など『健康』がコンセプトの製品づくりに

国産おからパウダー

国産おからパウダー

『健康』がコンセプトの製品づくりに

その他

お得な自社ショッピングサイト

お得な自社ショッピングサイト

大豆コーヒー、大豆粉(あじわい大豆パウダー)のネット販売

↑ PAGE TOP